医学部予備校に関するまとめ


  1. がむしゃらに勉強をすれば良いというわけでは
  2. 個別指導の強みは、生徒ひとりひとりの弱点
  3. 合格率の高い予備校では、クラス分けを最も効率的に
  4. 静かな環境で机に迎える状態で受験対策


合格率の高い予備校では、クラス分けを最も効率的に

生徒

単純に学力レベルでクラスを分けている予備校 は要注意です。この場合、落ちこぼれてしまった生徒はどんどん勉強をしなくなってしまうという蟻地獄に嵌ってしまう可能性があります。高い学費を払うわけですからこんなにもったいないことはありません。合格率の高い予備校では、クラス分けを最も効率的に成績が上がる組み合わせで考えます。人間はライバルがいるとやる気が生まれるものです。学力レベルでクラスを分けられた場合、自分と同じような生徒がクラスメイトとなり、焦りを感じなくなってしまいます。少人数制で、全ての生徒が理解するまで次のステップに進めないといったカリキュラムを組んでいるところは、優秀な合格率を叩き出しています。また、寮を完備しているところもおすすめです。